スタッフブログ

江戸東京散歩VOL.6 ~寅さんゆかりの柴又~

☆☆ いつもご覧いただきまして有難うございます。 ☆☆

全国的に知られているものの

東京観光というと浅草、お台場、銀座など

訪れはするのですが

葛飾柴又は意外と訪れたことがない方が多いのでは?

御存知、山田洋二監督の

映画「寅さん」

の舞台で有名ですね。

京成線柴又駅を出ますと出迎えてくれるのが・・・

旅立とうとする寅さん像

映画の最後のシーンはこんな感じで旅立ってましたね。

以前は無かったのですが

2017年3月25日

山田洋二監督も訪れて除幕式のあった

妹、諏訪さくらさんの像もあるんです。

こちらは旅立つ寅さんを見送る姿。

 

訪れる方は皆さん駅前のこちらで写真を撮られています。

少し歩きますと柴又帝釈天

正式には「経栄山題経寺(日蓮宗)」と言いまして

1629年に開基されたお寺さんです。

その参道は多くのお店が立ち並び

参拝に訪れる方々を楽しませてくれます!

 

 

こちらのご本尊が

日蓮上人が掘られた帝釈天であり、

人々には帝釈天さんとして親しまれるようになったのです。

こちらのご本尊は板に彫られていて

無病息災のご利益が得られるそうです。

 

 

こちらのお寺には「帝釈堂」に彫刻ギャラリーという場所があり、

ご覧いただけるようになっております。

お堂の外壁を10枚の胴羽目彫刻があり

法華経の説話にちなんで彫られています。

実は最近?のもので

大正11年~昭和9年にかけて造られています。

 

 

この立体的に彫られた彫刻は

間近でご覧になっていただきたいと思います。

かなり心を奪われます!

 

 

帝釈天を後にして少し江戸川の方に向かうとございますのが

「山本亭」

 

 

大正時代の建物で

日本古来の書院造と西洋建築を取り入れた和洋折衷の建物で、

カメラ部品メーカー「山本工場」の創設者

山本栄之助さんの住居として建築されました。

関東大震災前までは浅草にあったそうですが、

大正12年に今の場所へ移転したそうです。

 

 

こちらでは庭園を眺めながら喫茶もできるんです。

心落ち着くひと時を過ごしていただけるかと思います。

この山本亭の向かいには

「寅さん記念館」があります。

が、今回は時間の都合で立ち寄れませんでした。

すいません・・・

山本亭と寅さん記念館共通入場券がお得ですので

訪れる際はご利用になってみてください。

 

寅さん記念館|葛飾区観光サイト “寅さん記念館” (katsushika-kanko.com)

はこちらをご覧ください。

 

いろいろ歩いて少し休みたくなったら

やはり参道に戻ってください。

寅さんも歩いていたところですが、

お休みいただけるところもあります。

 

 

今回はロケでも登場していました

「高木屋老舗」さんにお邪魔しました。

ロケシーンの写真など飾られている店内では

お食事や名物の「草団子」を召し上がっていただけます。

しかし・・・

すいません。

私、あんこが苦手なもので

いつもみたらし団子を食べてしまいます。

 

 

皆様は行かれた際は

「草団子」を召し上がってみてください。

店先ではお土産としても買えます!

現在は緊急事態宣言中ということもあり

なかなかかつての賑わいはありませんが

懐かしさを感じる「葛飾柴又」へ足を運んでみてください!!

また、オンラインショップ

「sonic marché(ソニックマルシェ)」

をご利用いただいている皆様、

有難うございます。

先日のお月見クーポンは終了しましたが

またお得な情報などありましたら

ご紹介してまいります。

引き続きご愛顧いただければと思います。

 

オンラインショップ ソニックマルシェ

はこちらよりご覧ください。

 

2021年9月24日(金)12:55 | 未分類

ページの先頭へもどる